chestxray_grad.png

iSurgery
Co., Ltd.

AI(人工知能)を活用して

整形外科分野で医療をスマートに

 
Issue - Osteoporosis
  • 加齢に伴う骨粗鬆症患者が1300万人に上る

  • そのうち80-90%は治療介入ができていない

  • 骨粗鬆症による骨の脆さが原因で、大腿骨骨折や要介護状態を引き起こし、年間約1兆円ほどの医療費/介護費が発生している

Issue - Methods
  • ​骨密度計測のために特殊な検査機器が必要である

  • 被検者が骨密度検査を受ける”動機づけ”が難しい

  • 骨密度検査を受けるために労力、時間、被爆が発生する

 
Our Solusion

「どこでも実施でき、スムーズに検査を受けることができる」骨密度検査の一般化を目指します。

depositphotos_11802437-stock-photo-x-ray-image-of-human.jpg
  • 一般的かつ撮影頻度が高いモダリティ

 ー 国内で1億2000万枚/年、撮影されています

 ー 肺がん検診、定期健診、医療機関など

  • 撮影範囲内に多くの"骨"を含む

胸部X線写真を用いた骨粗鬆症の検査を

AIにより実現します

図1.png

医療機関のUX

  • AI医療機器をソフトウェアとして提供

  • X線撮影装置があればどこでも実施可能

  • AIエッジサーバーを画像サーバーに接続するだけで環境構築完了

問診票への記入

被検者のUX

  • 既に別目的で撮影された画像を利用

  • 追加の検査受診(労力、時間)、被爆が不要。

  • 「検査に同意するだけ」で骨粗鬆症の検査が可能

走っている老夫婦

社会的効果

  • 骨粗鬆症は適切な薬物治療により骨折を予防可能

  • 健康寿命の延伸(well-being)

  • 骨折、要介護状態を回避することで、医療費削減へ

 
 
Company Profile

法人名

iSurgery株式会社 / iSurgery Co.,Ltd.

代表取締役

​佐藤洋一(整形外科専門医、リハビリテーション専門医)

設立

2020年5月15日

資本金

91,900,000円(資本準備金を含む)

所在地

​本店:東京都中央区日本橋堀留町1-9-10 日本ライフサイエンスビルディング7

​名古屋オフィス:愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 11F (PRE-STATION Ai内)

​チーム

5名

 ・整形外科医 2名

​ ・事業戦略 1名

 ・AIエンジニア 1名

 ・薬事/保険戦略 1名

 
Contact

ご質問、ご意見または特別なご要望はございましたら、ぜひお気軽にお問い合せください。

送信が完了しました。

主要株主

佐藤洋一、株式会社ディープコア、Station Ai株式会社

  • Facebook
  • Twitter