AIによる骨折診断システム開発

スクリーンショット 2021-06-02 21.00.37.png
スクリーンショット 2021-06-02 21.00.40.png
国内初 AIを活用した骨折の診断支援システムを
電子カルテに組み込み、実証実験を開始
図1.png
愛知県・蒲郡市⺠病院において、令和3年5月の電子カルテシステムの更新に合わせ、国内初となるAIを活用した骨折の診断支援システムを組み込み、実証実験を開始しました。この骨折の診断支援AIソフトウェアは、2019年から整形外科医グループとSearch Space株式会社が共同開発したものです。AIソフトウェアは画像サーバーに接続されており、電子カルテから画像表示ソフトウェアを起動し、AIソフトウェアにレントゲン画像を解析させることで、解析結果として、骨折の疑いの確信度と骨折が疑われる箇所のヒートマップが表示されます。 社会実装が難しいとされる医療AI。骨折の診断支援AIを電子カルテに組み込んだ国内初の例となります。本プロジェクトは研究目的であるため実際の診療には使用しないことを前提として、新たに収集される画像に対する精度検証と、医療現場での活用に関する有用性の評価を目的としています。