第15回CAOS研究会へ協賛させて頂きました


3月4日、5日と岡山コンベンションセンターにて開催されました、第15回CAOS研究会(会長:塩田直史先生、岡山医療センター)へ協賛させて頂きました。



CAOS研究会は、会長の菅野伸彦先生(大阪大学大学院医学系研究科運動器医工学治療学 寄附講座教授)が主宰する、CAOS(Computer Assisted Orthopaedic Surgery:コンピュータ支援整形外科)に関する研究会となります。


研究会でありながら開催規模は学会と同等で、毎回300−400名ほどの整形外科医の先生方の参加があり、コンピュータ支援整形外科(ナビゲーション、ロボット、コンピューター、画像解析、AI)などについて熱い議論が繰り広げられています。


当社の取り組みの一つである

「患者の年齢、性別、身長から、AI(人工知能)を用いて術中インプラントサイズを予測する」

についても主題にて発表させて頂きました。